【新潟の方言】どうして「凄い」を「バカ」っていうの?なんでそこは「あったかさ」じゃないの?

【新潟の方言】どうして「凄い」を「バカ」っていうの?なんでそこは「あったかさ」じゃないの?

新潟県民以外は( ゚д゚)ポカーンとなるタイトルですね

今回はローカル中のローカル。ベストオブローカル!

 

他県民はマジで( ゚д゚)ポカーンなるのでスルーしてくださいね~(本心は見て欲しい、知って欲しい)

 

新潟県シリーズも是非▽

Advertisement

【新潟の方言】「あったかさ」ってどういう意味?

そもそも「あったかさ」ってなんぞや?って話ですよね!

 

あったかさとは新潟県の方言で「馬鹿者」「頭が悪い」という意味で使われています。

例:おまん(お前)あったかさ(馬鹿者)だねっか(だなぁ~)

 

言ってしまえば悪口です(‘ω’)

わたしの世代(アラサー)だと、意味は分かるけど普段の会話で出てくることはほぼないです

たまに仲のいい友人同士でふざけて使うくらいかな~

新潟県民の「バカ」の使い方とは?

続いてはこちら

新潟県民はなぜか「凄い」と言いたい時に「バカ」というあまり印象の良くない単語で表現します

 

  • 凄い旨い→バカ旨い
  • 凄い寒い→バカ寒い
  • 凄い太った→バカ太った 等々

 

広島だと「ぼれぇ(凄く)」って言うのと同じ感じですね

新潟県民は決して悪口じゃなく、普段の会話で「バカ」が普通に使われているんです

 

しかしここで疑問が▽

なぜ「バカ○○」なの?「あったかさ○○」じゃないの?

上で説明したあったかさの意味覚えてます?

 

あったかさの意味=「馬鹿者=バカ」

つまり悪口としての「バカ」を新潟県民は「あったかさ」と言っているのに、「凄い」と言いたい時には「バカ」と言う

 

バカの意味は違うんですけど何か矛盾してません?

 

な… 何を言っているのか わからねーと思うが

「あったかさ」のおかげで「馬鹿者」に「バカ」と言わないですんでいるのに、

「凄く○○」で「バカ○○」と言っちゃっているせいで、結局「バカ」を乱発している

あったかさのせいで「バカ」と言えない反動?んなわけないよね

 

あ~!!

過去最高に何が言いたいのか分からないテーマでした(‘ω’)すいません

 

以上ッ!

 

都道府県ネタカテゴリの最新記事