【セカンドシューズの失敗談】大切な我が子の靴選びに大事なこと

【セカンドシューズの失敗談】大切な我が子の靴選びに大事なこと

ファーストシューズは子どもにとっては初めての靴ですので、両親たちは真剣に記念になるものを選ばれるかと思います

実際、長く履けるものではないと分かっていても、折角なら一番素敵な靴プレゼントしてあげたいですよね

 

でも、ちょっと待ってください。大事なのはファーストシューズだけでしょうか?

 

本記事では我が家が失敗してしまった【セカンドシューズ】の選び方についてをまとめました

Advertisement

ファーストシューズ探し

いつ歩いても大丈夫なようにと、クリスマスにファーストシューズをプレゼントすることになりました

わたしも夫も、我が子の靴選びはもちろん初めてです

何を重視すればいいのか決まらないまま、まずは見た目でパッと選んでみることにしました

 

履かせやすいことはもちろん大事ですが、折角のファーストシューズにデザインが微妙なものは考えられません

加えて、子どもが歩く姿を想像しただけで、写真を撮りまくることは決定的でした

 

靴屋さんを物色したところ、わたしと夫の意見がピッタリ合ったのが、VANSです

もともと、VANSのスリッポンを愛用している夫婦でしたので、ハッキリ言って即決!と、いいたいところですが、値段が少しオーバーしていたのでもう少し他のも見ることになりました

他の靴屋さんでも色々と探してみて、結論としてファーストシューズはVANSにはなりませんでした

ファーストシューズの決め手となった理由

一番気に入っていたVANSにしなかった理由ですが、【ファーストシューズ】を履ける期間が本当に短いと思ったからです

 

実際よく聞きますよね

「折角買ったのに全然履けなかった~。」という先輩ママたちの嘆き

靴に限らず、服でもあるあるなので、その点については何も問題はありません

 

ただ、親が一番子どもに履かせたい!と一生懸命選んだ靴を、あまり履けなくて、後は飾っておくことになるなら、もう少し大きくなって、少しでも長く履ける方が良いんじゃないかと

靴は飾るものではなく、履くものですしね

 

そして、金銭的なところも決め手でした。4,000円以上する靴を毎回我が家では買ってあげられません

結果、デザイン性よりも機能性を優先してIFME(イフミー)のシンプルなデザインの靴をプレゼントしました。

IFMEのコンセプトは、【子どもたちの足を健やかに育むくつ】なので、「これからたくさん歩こうね!」という両親の思いの詰まったファーストシューズにはピッタリかと思います

我が家の子どもは、1歳1ヶ月から歩き始め、お散歩が大好きになってくれました

セカンドシューズ探しは急にやってくる

毎日ファーストシューズでお散歩をしていましたが、1歳5ヶ月ごろに履かせようとしたところ、きつそうになっていることに気が付きました

つま先の部分が完全に当たっていたため、早めにセカンドシューズを用意しようと思い、急いで西松屋へ向かいました

西松屋はオリジナルブランドの靴以外にも、ファーストシューズでプレゼントしたIFMEなど幅広く取り扱っています

今回はセカンドシューズになるので、一旦安い靴を購入して様子見してみようと思いました

安すぎるのは品質が心配なので、1,000円くらいでお手頃な靴を購入

若干ハイカットになっていて、つま先が頑丈になっている靴で、早速次の日からはセカンドシューズを履いてお散歩するようになりました

ただ何日かして、少し違和感に気づいたんです

頻繁にこけるようになった

お散歩の際、基本的にはずっと手を繋いでいるんですが、以前まではこけることはほとんどなかったんですよ

それが、新しい靴で散歩し始めた途端に、毎回こけるようになりました

まだ慣れていないだけだろうな~と思ってはいたんですけど、お散歩の度にこけるのが可哀そうで…。

 

セカンドシューズはまだジャストサイズではなく、少し大きめだったのでもう少し様子を見ることにしました

お外行こうアピールが確実に減った

父と息子のシルエット

どちらかというと、こっちのほうが問題ですね

以前までは、玄関に行く度に自ら足に靴をはめ込んでいて、熱烈なお外行こうアピールが!

ただ、歩き始めて一番楽しい時期が、夏の一番暑いときでしたので、ベビーカーに乗ったまま近くのスーパー内をゆっくり周るくらいしかできなかったんですよ

ようやく涼しくなってきた途端に、セカンドシューズに変わり、今まで以上にお外行こうアピールが来ることを覚悟していました

 

しかし、アピールはするのですが、以前の靴の時と比べて自らはめ込んだりすることはありません

履かせて文句を言うということはないんですが、明らかにファーストシューズの時とテンションが違っていることに気が付きました

 

ハッキリ言ってしまえば、ファーストシューズの方が良い靴だと思います。軽くて、履かせやすくて、値段もお高いです

それに比べるとセカンドシューズは、若干ハイカットで足首が窮屈かもしれず、つま先部分が頑丈になっている分少し重いです

値段が安かったからダメだったという訳ではない

まとめアイコン

少しは関係あるかと思いますが絶対という訳ではありません。

やはり、ファーストシューズで購入したIFMEの様に、子供の足のことを考えてたくさん研究されて販売している靴は高いです

ただ、子どものためを思うのならそのほうが間違いなくいいです

かといって毎回そんな高いのは厳しいですよね

 

伝えたいのは、ファーストシューズだけでなくセカンドシューズも真剣に選んであげてほしい

わたしの失敗は、他の靴屋さんと比較することもなく、とりあえず値段が無難な金額な靴を選んでしまったことです

西松屋の商品が悪いということではなく、その靴はうちの子どもには合わなかったということだけなんです

しっかり他の商品と比較した上で選んでいれば、今回のことを失敗と思うことはなかったでしょう

 

ただ、わたしは【とりあえず】で選んでしまったという負い目があるので、やっぱり今回のセカンドシューズ選びは失敗だったな~と思ってしまいます

子育てカテゴリの最新記事