コク・キレ・辛口・のどごしとかよく分からん!ビールのアピールポイントがマジで謎なので調べてみた

コク・キレ・辛口・のどごしとかよく分からん!ビールのアピールポイントがマジで謎なので調べてみた

お酒は好きだけどビールの美味しさは分からん、らだだだです(‘ω’)

 

ビール関連記事はこちらもどうぞ▼

Advertisement

ビールのアピールポイントがよく分からないので調べてみた(本音はビール飲めるようになりたい)

ビールのCMでお馴染み

コク」とか「キレ」とかいう表現

 

福山雅治とか反町隆史とかイケメンが美味しそうにビールを飲む姿を見て目の保養にはなるし、「あ~飲みてえ~」とはなるんだけど、イマイチピンとこない自分

 

「考えるな、感じろ/Don’t Think. Feel!」とブルースリーも言っている

 

実際皆が美味しく飲めるビールをわたしは「激マズ」としか思えないけど、調べてみました(‘ω’)

【コク】ってどういう意味?

コクに対する明確な定義はないが、甘味・うま味・苦味・塩味・酸味の五基本味の総和、さらに香りや食感などが加わり、濃厚感や広がり、複雑さなどを併せ持つと考えられている

wiki/コク味

ビールだけでなく料理の味付けでも使われる【コク

分かるような分からないような

 

  • コクがある=深みのある味、濃厚
  • コクがない=薄いとかあっさりではなく、単調な味

 

なんとなくこんな認識ですが、ビールでも同じようです

【キレ】ってどういう意味?

キレっていうのは後味がどれだけ尾を引くか

後味がスッと消えればキレがあり、長く残るようであればキレが悪いということになる

専門家に聞いた!味を表現する「コク」と「キレ」って結局なんなの?

キレ】はビール以外では聞いたことがないかも。全く理解できない

 

わたしは美味しいもの食べたときは後味がずっと残ったまま余韻に浸りたいんだけど、ビールはそういうことではないの?

キレが悪いビールなんて皆求めてないの?どうなの?

【辛口】ってどういう感じ?

こちらを見てみると、単純に「辛口=辛い」という訳ではないんですね

1987年に発売、大ヒットしたビール「スーパードライ」を当時のアサヒビールが「辛口」と表現したことで、ビールについても「辛口」という言葉が使われるようになったが、「辛口という言葉ですっきり、さっぱりした味わいを表現した」(アサヒグループホールディングス広報)といい、「辛い」と感じる何かの成分があるからそう名付けられたわけではない。

酒の分類は甘口・辛口 でも酒が「辛い」って何だ?

スッキリ・サッパリって言った方が分かりやすいけど、確かにインパクトには欠けるね

 

本当に「辛い」意味での辛口の飲み物を知りたかったらこれがオススメ(/・ω・)/

【のどごし】ってどういう感じ?

のど(喉)越しとは、飲食物がのどを通っていくときの感じをいい、「のど越しスッキリのビール」「のど越しのよいソバ」などと用いるが、のどは味覚を感じる部位ではないので、用例は限られている。ビールの場合は、炭酸により適度にのどを刺激しながらよく冷えた液体が通過していく感触が快いという意味であろうし、ソバの場合は、麺の打ち方やゆで加減が適切であるために冷ややかさを感じながらスムーズにのどを通過していく心地よさを表現しているのだと思われる。

五十音インデックス/の/喉越し-のど越しとは何か/

最後はこちら

真夏にキンキンに冷えた麦茶一気飲みするの最高だから、これは分かる(‘ω’)

 

以上ッ!

ビアガーデンでビールがぶがぶ飲んでみたーい!

[itemlink post_id=”4687″]

ごちゃ混ぜ(雑記)カテゴリの最新記事