リニューアルしたPageSpeed Insightsで速度スコアを再チェック!

リニューアルしたPageSpeed Insightsで速度スコアを再チェック!

PageSpeed Insights(ページスピードインサイト)が大幅にリニューアルされました。

以前、自分としてはなかなかの高得点を出すことができたのですが、

別のサイト!?ってくらい大幅に変わってしまいました。

 

利用しているテーマは【LION MEDIA】です。

 

2019/1/9追記

記事ビューレイアウト設定のスマホをワイドに変更したところ適切なサイズの画像が大幅に改善できたため、モバイルの点数が上がりました。

カスタマイズ

→基本設定

→記事ビューレイアウト設定

→ノーマル(PC)/ワイド(スマホ)

関連:PageSpeed Insightsで高得点を出す方法。初心者もOK

Advertisement

PageSpeed Insightsで速度スコアをチェック

    

モバイル→48点(遅い)

パソコン→89点(普通)

 

またモバイル~~~!
遅い~~~~~!

改善できる項目を確認

  1. 次世代フォーマットでの画像の配信
  2. レンダリングを妨げるリソースの除外
  3. 次世代フォーマットでの画像の配信
  4. 適切なサイズの画像
  5. サーバー応答時間の短縮(TTFB)

 

相変わらず分かりづらい!!!けど、

  • 次世代フォーマットでの画像の配信

これを開くと、画像のURLが並んでるから、やっぱり画像が原因かと!

はいはい分かりましたよ。

以前は、数も少なかったのでちまちま「TinyPNG」圧縮→置き換えをしていました。

でも今回は面倒くさい!

 

もういいやプラグイン使っちゃえ~~☆

 

ということで、「Compress JPEG & PNG images」を利用しました。

Compress JPEG & PNG imagesを利用

プラグインをインストールした後、ユーザー登録と設定があるため、こちらのサイト様を参考にさせていただきました。
めちゃくちゃ分かりやすかったです。

参考:画像圧縮する TinyPNG のプラグインを導入して WordPress の表示速度をアップする方法!転送量の削減にも貢献!

ありがとうございました。

 

プラグインを入れ、設定が完了したら
→ダッシュボード→メディア→ライブラリ

スクリーンショット3

 

この状態になっていれば、画像の圧縮は完了している状態です。

スクリーンショット

未圧縮の状態がこちら

スクリーンショット2

【Compress】の部分をクリックすると、圧縮が始まります。


ですが、無料で処理できるファイル数(500ファイル)となってしまったため

今月はもう圧縮できません…

 

スクリーンショット

この表記になったら、また来月試してくださいね~。

改善結果

さて、画像の圧縮を実践してみたところ、このような結果に。

モバイル→70点(+22点)

パソコン→91点(+2点)

 

遅いではなくなったので、一旦これで良しとします!

お試しあれ!

ブログ運営カテゴリの最新記事