【34の対策】再申請15回を経て、わたしがGoogleアドセンス審査に合格するまでの全てのまとめ

【34の対策】再申請15回を経て、わたしがGoogleアドセンス審査に合格するまでの全てのまとめ

2018年8月に初めてGoogleアドセンスを申請

2018年10月半ばでまだ合格することができず、再申請の数はなんと15回!

メインサイトでは承認が難しいと判断し、9月末に審査用ブログの作成を決意しました

 

<2018年10月26日>

ついに念願のGoogleアドセンスの審査が承認となりました

 

本記事では、わたしが合格するまでに行った全てのことをまとめてあります

確実にアドセンス挑戦中の方にとって役立つ記事ですので是非ご覧ください

Advertisement
目次

Googleアドセンス審査に合格するまでの34の対策

Googleアドセンスの審査が承認されない理由を分析

15回の不承認理由は全て【ポリシーに準拠していないサイト】です。

自分なりに解釈をし、サイトの修正を行うも合格には至りません。

 

Google のポリシーに準拠していないサイト: お客様のサイトは、Google AdSense のプログラム ポリシーに準拠していないか、ウェブマスター向けの品質に関するガイドラインに準拠していないため、現時点では AdSense のお申し込みを承認できませんのでご了承ください。Google の目標は、質が高く有用なコンテンツと価値あるユーザーに関連性の高い広告を配信できるサイトを広告主様に提供することです。お客様のサイトは、現在この基準を満たしていないと判断いたしました。次のヒントを参考に、サイトでのユーザーの利便性を高め、AdSense の要件を満たすようにしてください。

Google 広告を掲載するサイトでは、ユーザーに価値ある情報を提供することが重要です。サイトに掲載するコンテンツは、ユーザーが真っ先にアクセスしたくなるような、独自性と関連性の高いものにしてください。
→不動産仲介会社で働いていた自分にしか書けない記事(独自性)で、賃貸物件に関する情報のみ(関連性)でサイトを構成した
自動生成されたページや独自のコンテンツがほとんどないページには、広告を掲載しないでください。
→自動生成はしておらず、コピペチェックでは全ての記事の結果が良好だったため、独自性は問題ないと確信
サイトは操作しやすい構成にして、ユーザーの利便性を高めることが重要で、クリック操作でページを移動して、探している情報を簡単に見つけられるようにする必要があります。
→内部リンクをテキストリンクに変更し、PCとスマホのデザインをしっかりと見直した

ガイドラインも何度も読み込みましたが、変わらず不承認のメールが届きます

合格者の記事を見て、真似をしたことの全て

チェックリスト

プライバシーポリシーの設置

設置せず合格した方もいますが、基本は必須だと思います

コピペOKのサイトから拝借しました

プライバシーポリシーの修正

合格している方のコピペなので、文章をしっかり確認していなかったのですが、<クリック>という部分が2つほどありました

クリックを誘導する文言になりかねないため、修正しました

>>プライバシーポリシー

問い合わせフォームの設置

使用していたテーマ【LION BLOG】はプラグインを入れず、固定ページのフォーマットで作成ができました

>>お問い合わせ

サイトマップの設置→見直し

プラグインを利用して、サイトマップを設置しました

再申請前に大量に記事を落とした時は、サイトマップに反映されていないことがありました

反映されていないということは、記事を落とした数だけ404エラーが発生します

申請前に反映されているかをしっかり確認しましょう

>>サイトマップ

 

カテゴリ、タグを減らす

カテゴリは何も考えずに、細かく分類していました

記事数を量産できないカテゴリについては雑記フォルダへ

タグはつけなくても問題ないようで、かなり削除しました。こういうことをするからクロールエラーが大量になるんですよね…

パーマリンクの変更

全くいじっていなかったのですが、アドセンス審査に関係なく今後のことを考えて変更しました

記事数が少なかったので助かりましたが、それでも中々億劫でした

なるべく意味の通じる簡単な英語に変更しましたが、もう少し考えてやれば良かったかなと思っています

スラッグの見直し

日本語になっていたのでURLが訳の分からない長さになっていました

パーマリンクと同じく意味の分かる英語に変更しました

広告を全て外した

A8.netの広告を記事内で貼り付けていたのを全て落としました

後半やけくそになって貼りなおしましたが、結局貼り付けたままでも合格しました

カエレバ、ヨメレバもそのまま設置していました

404エラーの修正→リダイレクト

プラグインの、Redirectionを利用しました

再申請のために記事を落としたり、カテゴリやタグ名を修正していたため、全ての404エラーを対処することはできずでしたが

サイトの独自SSL化(ロリポップ)

セキュリティのために、<http>を<https>に変更するやつです

基本的にはサイト作成時にやっておいたほうがいいそうです

ノータッチだったので途中からしましたが、<http>のURLは全て404エラーになってしまうので、リダイレクトの作業が必要でした

タンクトップ姿の子どもの画像を削除

タンクトップとオムツ姿で、子どもの肌の露出がNGかもしれなかったため、一応念のために消しておきました

タバコの表記を削除

自分のサイトを【site:】検索をしたところ、タバコの表記があり削除しました(壁紙のヤニ汚れに関しての説明で記載していた)

ページスピードの見直し

PageSpeed Insightsで、サイトの表示スピードを見直しました

関連:PageSpeed Insightsで高得点を出す方法。初心者もOK

オリジナルのアイキャッチを作成

Canvaを使ってオリジナルのアイキャッチを作成。完全に自己満足です

元々使っていた画像を一からフリー画像か調べるよりは手っ取り早いかなと

記事の改行を減らす

無駄な改行をしていたため、出来る限り改行を減らしました

結果、間違いなく読みづらくなってしまいました

記事数、文字数増やす→記事数減らす

平均でトータル文字数は2000字前後

内容の薄い記事を落とし、自分の実体験などの内容が濃い記事を残しました

ここまででようやく半分くらいですかね

まだまだ合格までの道のりは長いです…

いっぺこっぺさんに無料コンサルをお願いする

メール

いっぺこっぺさん(@ippe_taicho)のアドセンス合格記事を拝見しました

アドセンス合格前に確認しておくべきチェックリストを利用して、しっかりと自分のサイトを見直すことができました

大変参考になる記事なので、初心者も、何度も挑戦して悩んでいる方も是非こちらのチェックリスト利用してみてください

Googleアドセンスの審査に受らない人のための解説とチェックリスト

その上でご本人に相談したところ、的確すぎるご指摘を頂きました

子育て関係の記事をいったん下書きへ戻す

子育て関係の記事は、YMYLの関係上審査に受かりにくい傾向にあるようです

合格している方もいますが、わたしはあまり記事数も多くないので全て落としました

2つに分割していた記事を1つにまとめた

なぜか、この記事Xperia XZ(601SO)SoftbankからLINEモバイルにMNPした経緯と結果が2パートに分かれていました

2つ合わせて3000文字程なので、全く意味のない分割です

重複するコンテンツになりかねないため、早急に1記事にまとめました

記事の合間に画像を挿入

わたしの記事は、ほぼ文字のみで構成されていました

指摘され、見出しにつき1つの画像を意識して取り入れるように

記事を補完する画像や動画を効果的に使っていくことで、ユーザーを飽きさせることなく、分かりやすいコンテンツづくりとなります

タイトルが記事に合っているか見直し

アイキャッチとタイトルと本文の表記にズレがあったので、何を伝えたいか理解できない可能性がありました

タイトルは、「産前産後のママ達には1年は楽できる【グラデーションカラー】が◎」
アイキャッチは、「産後のママたちへ 1年美容院に行かなくてもきちんと見えるズボラ技」

アイキャッチの方が、SEO的にも良いタイトルだったようで、訂正

プロフィールページ作成

プロフィールはウィジェットで簡単に記入したものだけでなく、きちんとプロフィールページを作成しました

画像のalt設定

画像のaltタグ(代替テキスト)には画像の説明文を記載するのが適切です

全ては出来ていなかったので記事に画像を取り入れるついでに設定しました

 

自分では絶対に気づけなかった部分を指摘していただいたので、感謝しかありません

結果として、ご指摘いただいた部分だけでは合格できなかったのですが、間違いなく合格の要因にはなっているかと思います

追加で手直ししたこと

記事のテキストで変な記述がないか確認

装飾していない部分のテキストにこのような表記が多くみられました。

<span style=”font-family: Lato, 游ゴシック体, ‘Yu Gothic’, YuGothic, ‘ヒラギノ角ゴシック Pro’, ‘Hiragino Kaku Gothic Pro’, メイリオ, ‘Meiryo, Osaka’, ‘MS Pゴシック’, ‘MS PGothic’, sans-serif;”>

全て書式設定をクリアで訂正

サイト名を変更

元々使用していた【らだだだ家】だと、どういうサイトだと分からないため、

【元不動産会社の専業主婦が、賃貸物件に関する情報を伝えるブログ】にしました

もうほとんどヤケですね笑

アイキャッチの画像表示を小さくした

LION BLOGは、アイキャッチの画像を<ワイド>か<画像レフト>か選べます

ワイドだとスマホでは画像が大きくて記事タイトルが見づらい可能性があったため、画像レフトに変更

賃貸系の記事だけ残す

永遠にポリシーに準拠していないサイトが続くため、最低限の記事だけ残したらコンテンツ不足になるのかを試してみました

結果として、賃貸物件に特化させたサイトでもコンテンツ不足になることはありませんでした

これで、メインサイトで審査を通すことは不可能だ、審査用サイトを作成する決意が固まります

審査用サイトを作成する

ライブドアブログ+独自ドメインで審査用サイトを作成。理由は少しでもかかる費用を安くしたいためです

費用は74円(税込)

特化したサイトづくり

自分が行ったDIYや、インテリアに関しての記事を5記事ほど作成しました

記事数を増やしてポリシー違反になることだけは避けたかったため、一旦この状態で提出

10日経っても返答がないため、一度申請をキャンセルして別のアカウントで再申請

アカウントを 切り替えたところなんと3時間で返答が来ました

結果は念願のコンテンツ不足です。

価値の低い広告枠(コンテンツの量が不十分なサイト)について

AdSense 広告を表示するサイトでは、ユーザーにとって価値のある情報を掲載することが重要です。それには、ユーザーの関心に沿ったオリジナルなコンテンツを提供し、自動生成されたページやオリジナル コンテンツのほとんどない不適切なページを使用しないようにします。こうした不適切なページには次が含まれますが、これらに限定されません。

  • 別の情報源からテキスト コンテンツをコピーしたページ
  • 別のサイトでホストされている動画を埋め込んだだけのページで成り立つサイト
  • 情報としての価値がないコンテンツや自動生成されたと考えられる意味不明なコンテンツを含むサイト
  • 重複コンテンツを掲載するテンプレート サイトなどの既製のウェブサイト

記事を10記事程増やし再申請するも不承認。今度はコンテンツ不足地獄が続きましたが、ポリシー違反よりは光が見えていたので頑張りました

合格した結果、審査用ブログは必要なくなったので、記事だけワードプレスに移動しました

関連記事:Googleアドセンス審査用ブログから、記事だけをワードプレスに移動

2つのアカウントで同時に再申請するミス

わたしはGoogleアカウントを2つ所持しており、元々アドセンスの審査を出していたのがAのアカウントでした

サーチコンソールとアナリティクスをBのアカウントで登録していたため、アドセンスだけAのアカウントというのが少し嫌だったんですよね

10回目の不承認時に、Aのアカウントをキャンセルし、Bのアカウントで再審査に。結果として、不承認でしたが

 

その後申請用サイトを提出したのもBのアカウントで、10日待っても返答がないため、キャンセルしAのアカウントで再提出

上で述べた通り、3時間で返答がありました

 

そのまま、Aのアカウントで再申請をしたのですが、何を間違えたのか元々通したかった方のBのアカウントでメインサイトの再申請をしてしまったのです

勿論、不承認の通知が届きます

 

Bのアカウントに届いたのが今までに見たことがない不承認理由でした

テンパりすぎて、スクショも撮っていないのですが、確かこのような

 

【お客様は既にadsenseアカウントをお持ちです】

 

とにかく焦りました!

1人1つっていってるのに、なんで2つも申請してんねん!!って怒られているように感じました

もしこれで目をつけられて、申請ができなくなっていたらどうしよう。本当に本当に焦りました

 

しかし、不承認理由がこれだけで【ポリシーに準拠していない】という文字はどこにもありません

 

一切期待はせず、その後Aアカウント+審査用サイトが不承認となったため、Bアカウント+メインサイトで再申請

メインサイトで問題なく申請できるのか確認のための再申請ですので、とにかく【ポリシーに準拠していない】が来ることを祈っていました

 

3日経ちますが、メールが来ません

 

完全に詰んだ…と本気で思ったわたしは、3日間一切ブログに手が付けられませんでした…

丁度amazonプライムビデオでおっさんずラブにハマっていたせいもありますが…

 

脱線しましたが、本日9時ちょうどに合格メールが到着!

【ポリシーに準拠していない】を期待して待っていたため、完全に意味が分かりませんでした

申請用サイトを作成する前、最後にメインサイトで再申請してから、アドセンス合格に向けての対策は取っていませんでしたから

 

半分やけになってやっていたこともまとめました。どれかが決め手だったのかと思いますが、全く分かりません

合格前日までにした最後の手直し

アイディアが閃いた

審査用サイトに記事を移すためインデックス削除

オススメの絵本を紹介する記事を審査用サイトに移そうと思い、noindex+ゴミ箱に移動

合わせてサーチコンソールでインデックスの削除を

この記事がポリシーに引っ掛かっていたとしたら、ヨメレバか絵本中身を2ページ写真で載せてしまっていました

nendの設置

アドセンスとは長い闘いになると思ったので、モバイルだけでも収益化しようとnendの登録をしました

結局いい意味で必要なくなりました

サイドバーのウィジェットをフッターに移動

今までフッターには何も設置していませんでした。サイドバーにあるから別にいいかと思ったのです

なんとなくデザインを変えたくなり、テーマをLION MEDIAに変更したついでに、プロフィールやカテゴリのウィジェットをフッターに移しました

3記事追加

下記の3記事を追加していました

完全に審査用サイトにかけていたので、アドセンス関係なく書きたい記事を書きました

A8ネットの広告をもとに戻す

審査用サイトにかけていたので、もういいやと思って元に戻しました

クロールエラーを全て修正済みにする

意味があると思ってやった訳ではないのですが、前日までエラーが54あったものを全て修正済に変更

おかげで今のところエラーは0ですが、次にクローラーがきたら普通に元に戻ります

 

なんの意味もない行為ですが、もしかしたら一瞬でもエラーがない様に見せられたのが良かったのかも?

アドセンスのアプリを落とす

全く無意味です

ですが結果として、次の日に合格したので願掛けとしては良かったですね

2018年10月からの仕様変更

合格する何日か前から、Twitterでアドセンスの仕様が変わってきているとの情報を目にしました

それは、【申請用サイトで合格しても、追加するサイトの審査が必要】という情報

本気で申請用サイトにかけていたので、ショックでした

なんでこのタイミングで…と、完全にやる気をなくしてしまい、3日間もパソコンを触れず、夜な夜なドラマを見ていました

何とか理想通り、メインサイトでの合格を果たすことができましたが、何が決め手か結局分からず

ただ、ポリシーに準拠していないと15回不承認を頂いたわたしがこのタイミングで合格を頂くことができたのは、もしかしたら仕様変更のおかげかもしれません

もちろん合格がゴールではありませんが、現在挑戦中の人は諦めず、この仕様変更のタイミングで是非頑張ってくださいね

 

それでは最後に、ジョジョの奇妙な冒険の名言で〆させていただきます

失敗というのは・・・・・・ いいかよく聞けッ! 真の失敗とはッ!
開拓の心を忘れ! 困難に挑戦する事に、
無縁のところにいる者たちのことをいうのだッ!
このレースに失敗なんか存在しないッ!
存在するのは、冒険者だけだッ!

引用:スティーブン・スティール

合格後のこと↓

【Google AdSenseのPINコードが届かない】Twitterで大体の到着時期は予測できる?

ブログ運営カテゴリの最新記事