【懸賞】専業主婦が真剣に取り組んでみた。隙間時間にオススメ

【懸賞】専業主婦が真剣に取り組んでみた。隙間時間にオススメ

ふと懸賞応募をやってみようと考えました

一日の隙間時間を効率良く使うことができ、何より趣味として楽しむことができるのでいいんじゃないかと

今までは気になった商品があれば応募するくらいで、本気で取り組んだことはありませんでした

 

「具体的に〇〇をしたら当たった!」とかいうブログは多々あります

自己啓発本が嫌いで、他人に意見されたくないひねくれ天邪鬼のわたしには

「必勝法あるの?絶対ウソだ~。じゃあ全部の懸賞当ててみてよ☆」とか思っちゃうんですよね~

 

逆に数々の当選品を掲載しているブログを見て

「自分は今まで応募してなかったから当たらなかっただけなんだ!」と完全なる自己流で懸賞熱をメラメラと高まらせました。

 

本記事は「こうすれば当たる!」といった類のものではありませんが、ご参考までに

\お小遣い稼ぎにこちらもオススメです/

【マクロミル】暇な大学生より専業主婦にオススメするたった一つの理由

【隠れクエスト】レシートがお金にかわるアプリCODEで楽しんで節約!

Advertisement

専業主婦が隙間時間を利用し、懸賞に応募。実際にやってみて気づいたこと

アイディアが閃いた

毎日毎時間コツコツ地道な作業

何となくはそうなんだろうな~とは感じてはいたんですが、やってみると一層強く思いました

とにかく懸賞応募は「継続」が第一

はじめはインターネット応募のネット懸賞をひたすら応募したのですが、とにかく数が多いです

毎日たくさんの企業がキャンペーンを始めるので全て応募することは不可能です

懸賞情報をまとめているサイトには大変お世話になりました

ネット懸賞も種類がさまざま

ネット懸賞の中で特に多いのは、DM登録無料会員登録をしたら応募可能となるもの

メールアドレス必須がほとんどで、応募する度DMが数多く来ます

多いときで1日50件くらいDMがきたので、ネット懸賞をする際にはフリーアドレスと通知OFFが必須でしたね

 

この作業は、今後に繋がっていく大事な作業です

DMが増えるということは

【新たな懸賞やキャンペーン情報】を真っ先に知ることができるチャンス

気になるものは取りこぼすことなく応募できます

 

他にはTwitterでのフォローやリツイートで応募、LINEの応募ボタンを押すだけで抽選ができるいわゆるその場系】といわれる懸賞は、結果が早くでるのでわたしはまっていました

とんでもなく応募者が多いのですが、その分当選者の数も多いのが魅力ですね

コンビニで貰えるドリンクや、クーポン券がもらえるので主婦には結構助かりました

 

スマホ一台と時間が確保できれば毎日コツコツの作業はそんなに苦ではありません

ただ目が本当に疲れるのでやりすぎには注意が必要です

当たりやすい時期がきっとくる

怒りのパンチ

毎日コツコツ応募をしますが、当選発表や商品到着の時期はバラバラです

大体忘れたころに家に商品が届いて「あ~こんなのそういや応募してたな~。」と思い出します

 

上では書きませんでしたが、本気で当てたい商品は絶対当たりません(経験上)

一つの懸賞に熱を込めるのではなく

まんべんなく色々な懸賞に応募する方が、継続的に当選すると感じました

当選の時期は波があるので、何も当たってない時こそ腐らずにコツコツ応募したくさん種を撒きましょう

実際に当選の波が来ているときは、毎日何かしらの封筒や宅配便が届いていました

 

少しずつ、小さなものでも当選すれば、また応募しよう!と意欲も高まります

ねらい目はクローズド懸賞

郵便はがき、ファクシミリ、ウェブサイト、電子メール等で申し込むことができ、抽選で金品等が提供される企画は、一般に「オープン懸賞」と呼ばれています。反対に応募条件に商品の購入やサービスの利用などが必要な懸賞が「クローズド懸賞」です。参照元URL

 

言ってしまえば、応募するためにお金がかかるかかからないかの違いです。

 

「懸賞にお金かけるの?」

「無料で当てられるなら無料で欲しいんですけど。」

わたしも初めはそう思い、クローズド懸賞はノータッチでした

 

ただ何気なく応募したフリーマガジンのクイズの解答をハガキで応募したところ

2,000円分の商品券当選!(ハガキ代62円)

スーパーで購入したキムチにキャンペーン応募用のQRコードがあり応募したところ

焼肉用黒毛和牛500gが当選!(キムチ代298円)

短い期間で、2つもクローズド懸賞の当選が重なり、クローズド懸賞に心を奪われてしまいました

 

その後やった具体的なことがこちら

  • スーパーやドラッグストアの応募用紙が置いてあるコーナーを3日に1度はチェック
  • 商品が魅力的でも、普段買わないものをわざわざ買う懸賞は応募しない
  • 応募ハガキの側面に蛍光ペンで色付け。すき間にシールを貼る
  • 購入した商品の包装を捨てる前にキャンペーン情報が載ってないか確認する

ネット懸賞は手軽に応募できる反面、商品によっては「本当に当選するのかな~?」と疑ってしまいます

クローズド懸賞は実際にお金がかかっている分「当たるかもしれない!」とワクワクが大きいので懸賞自体を楽しんで応募ができます

慣れると本当に欲しいものを吟味する

ひたすらコツコツ応募と言いましたが、ある日自然と熱は冷めてきます。

そこで転換期、今まで手当たり次第応募していたのを、商品を吟味することに。

絶対当たらないから応募しないということではなく応募する商品カテゴリを絞って応募するようになりました

やっぱり一番欲しいのは「お金」ということで商品券・旅行券・家電といった現金化しやすいものを取りこぼしのないように応募します

実際3,000円のお高いけど普段使わない美容液よりかは、2,000円の商品券の方が使い勝手が良いですよね

 

加えて、大物もたま~に

車は本当に当たったら手続きとか面倒臭そうですが、宝くじ的な感覚で応募したりもしています

 

まとめアイコン

食品や商品券などがちょこちょこ当選し、金欠の我が家には助かることが多かったです

普段お金があっても絶対に買わないようなものが当選すると、少し贅沢な気分になれますし、

結論として懸賞応募はやってよかったな。と感じます

主婦のすき間時間を有効活用するためにはオススメです

\雑記/カテゴリの最新記事